本ページはプロモーションが含まれています

ITエンジニアに向いている人・向いていない人|経験から言えること

エンジニア

最近、ITエンジニアになりたいと目指す人は増えています。
「開発未経験の私がエンジニアになれるの?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、十分にエンジニアとして活躍することは可能です。
私は、入社当初、IT知識が全くなかったですが、実際の現場で基本的なことを身につけながらエンジニアとして働いています。

しかし、エンジニアは誰でもなれる職種ではなく、「エンジニアに向いている人、向いていない人」がいるのも事実です。
例えば、こんな考えだけを持ってエンジニアを目指す人は要注意です。

「IT業界は人手不足なので職がありそう」
「エンジニアは将来性があるのでとりあえずなっておこう」
「スキルがつくので安定しそう」

3年目の正社員である私は、某自動車業界のシステム開発プロジェクトに携わってきて、
設計、プログラミング、テスト工程を経験しました。
お客様と話す機会があり、コミュニケーション能力が求められたり、Excelで細かな設計書を作るときに根気が必要だったりしました。

そんな経験をしてきた私が、実際のところ「「ITエンジニア 向いてる人 向いてない人」ってなに?を紹介していきます。

↓退職でお困りの方はチェック
退職代行ガーディアン
東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合

ITエンジニアの仕事が向いてる人

それでは早速ITエンジニアの仕事が向いてる人はどんな人なのか紹介していきたいと思います。

細かい作業が得意で几帳面な人

プログラミングは、1つの定義を間違えると、他のプログラムに大きな影響をだします。
1つのミスも許されない作業を丁寧に、最後までやり遂げる力が必要です。
また、お客様からの要望を正確に取り入れたり、プロジェクトのスケジュールを決めたりする機会は多く、几帳面な性格が必要です。
責任感もって、作業にあたれる真面目さが求められます。

好奇心がある人

IT業界は変化の激しい業界なので、新しいことに好奇心をもって挑戦できる人が向いています。
お客様に課題があった場合に、「どうして困っているのだろう?」「ボトルネックは何だろう?」と
ポジティブに考えて、アイデアを出せる人が求められます。
新しい技術に興味を持ち、現場に適応できるエンジニアが重宝されます。

コミュニケーション能力がある人

チームメンバー、お客様、ステークホルダーと話し合う機会が多いです。
ITエンジニアは、お客様の窓口です。”求めるもの”を聞き取ることが求められます。
また、プロジェクトメンバーとは、大量の業務を役割分担して協力しながら進めていく必要があります。
プログラマーに仕事を渡したり、チームワークを友好にするように気を配る必要があります。

勉強意欲がある人

お客様に価値を提供するには、進化の早いITトレンドに追いつく勉強量が必要です。
また、IT業界、そのトレンドに興味を持てない人には、勉強し続けることがきついと感じるかもしれません。
自己啓発する意欲のある人が求められます。

体力があり、メンタルが強い人

納期間際になると、残業が多かったり、休日出勤したりする期間があります。
短期間で品質を保った成果物を作り上げるには、体力勝負になることも多いです。
また、納期に迫られる中で作業をするのは、かなりプレッシャーがあります。
精神的に弱い人はつらいかもしれません。

ITエンジニアの仕事が向いていない人

次はITエンジニアの仕事が向いていない人を紹介していきたいと思います。

地道な作業が苦手で大雑把な人

プログラミングは、簡単にかっこよく、きれいなものが作れるわけではないです。
プログラムにエラーがでたら、原因の特定、他機能の影響度などを調査して、修正対応、その後にテストして問題ないことを確認します。
この作業は、多くの工程を踏むので、かなり根気がいる作業です。プログラムと設計書を1行1行見比べながら、「どこがいけないんだ?」と原因特定で悩んだり、
直したはずのテストで思った通りの結果が出ず、「なんで直ってないんだ?」と頭を抱えたり・・・
コツコツと解決していかなければならないので、地道な作業が苦手な人には向きません。

コミュニケーション能力がない人

お客様の要望を取り入れて形にするのがエンジニアの仕事です。
コミュニケーションがとれないと正確なヒアリングができず、要件定義まで後戻りをしたり、
チームメンバーを意思疎通ができずに、自分が困ったりします。
協力し合える関係を作れる人でないと、エンジニアには向きません。

論理的思考が苦手な人

お客様の要望を理解し、アイデアまで落とし込む力が必要です。
論理的思考力がなければ、正確なヒアリングができませんし、要件定義で概要をまとめることができません。
お客様が理解しにくい発言は、会社自体の信頼低下につながり、お客様の意図をくみ取れないときは、大きな機会損失を招きます。

効率を重視しない人

エンジニアの膨大で地道な作業を、いかに早くこなすかを考えながら働く人でないと向いていません。
これは、決められた納期で高品質な成果物を納品することが求められているエンジニアの仕事への姿勢です。
一方で、エンジニアが持つ課題感として、「この処理はあれと一緒に共通化できないか?」「お客様の業務ではあり得ない処理は削れないか?」
を考えながら、よりよいシステムを作ることが求められます。
効率を重視することは、エンジニアの心得として重要です。

ITエンジニアになるのはやめといた方がいい人

次はITエンジニアになるのはやめといた方がいい人ということで紹介していきます。

勉強を続けられない人

お客様に価値を提供するには、進化の早いITトレンドに追いつく勉強量が必要です。
IT業界、そのトレンドに興味を持てない人には、勉強し続けることがきついと感じると思います。
エンジニアは、新しい技術をインプットして、お客様にアウトプットする人でなければ、なることは難しいです。

ITトレンドやプログラミングに興味がない人

ITエンジニアに必須なのがプログラミングです。そもそもプログラミングが好きではなく、興味を持てない人は向いていません。
ベテランエンジニアになるほど、高い技術が求められます。
自分で少し学習してみて、途中で嫌になってしまった人にはおすすめしません。

受け身の人

疑問や課題感を持たずに、指示待ちの姿勢である人は向いていません。
エンジニアは、お客様の課題を聞き出し、解決策を見出す力が求められます。
受け身の人は、お客様からの信用がなくなり、いずれは仕事をもらえなくなります。

ITエンジニアはやめとけと言われる理由についてはこちらで紹介しています。
ITエンジニアはやめとけと言われる理由|経験者が紹介

ITエンジニアに必要なスキルと能力

ITエンジニアに必要なスキルと能力について紹介していきます。

コミュニケーション能力

チームメンバー、お客様、ステークホルダー良い関係を築けるコミュニケーション能力が必要です。

ストレス耐性

納期が迫る中で作業をすることはプレッシャーがかかります。
また、スケジュール通りに進むだけでなく、緊急な不具合が発生したり、お客様からの仕様変更があったりするので、
急なトラブルにも対応できるメンタルの強さが必要です。

論理的思考力

お客様の要望を理解し、論理的なアイデアまで落とし込む力が必要です。

まとめ

今回は「ITエンジニア 向いてる人 向いてない人」を紹介しました。
ITエンジニアになるには、「IT知識がなけれなならない」「大学時代に情報専攻だった」などといったバックグラウンドは必要ありません。

ITトレンドに好奇心を持って勉強でき、お客様とポジティブな関係を築ける人が向いています。

これからITエンジニアの仕事をしようと思っている方はこちらも併せて確認してもらうと良いのかなと思います。
ITエンジニアきついの?未経験だとしんどい?|経験から言えることは

コメント

タイトルとURLをコピーしました