本ページはプロモーションが含まれています

社内SEの仕事に向いている人・向いていない人|10年以上の経験から紹介

SE

「社内SEの仕事に向いている人向いていない人」を執筆する前に私の経歴について、まず記述したいと思います。
私は社会人になり、生産技術の仕事をしていましたが、2012年の社内異動の際に、社内SEの部署に異動しました。
途中2年間別の仕事をしていましたが、それ以外は社内SEの仕事をしています。

業務内容は、PCのキッティングや社内のインタネット環境の整備や維持等を行っています。
また、新たな業務改善用のシステム導入の為の検討をして、社内のITを通じての業務改善を日々行っています。
言葉でいうと、上流工程の開発から、保守運用まで多岐に渡る業務をこなしています。

私の執筆内容を確認して、自分自身が「社内SEの仕事に向いているのか、向いていないのか」の判断ができれば嬉しいです。

↓退職でお困りの方はチェック
退職代行ガーディアン
東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合

社内SEの仕事に向いている人の特徴

社内SEの仕事は社内の仕事が多いのが特徴です。
システムのプログラムを知っていればよいという訳ではなく色々な部署と話したり、ベンダーと会話をする事がとても多い仕事です。

・コミュニケーションが取れる人。
社内SEの開発の仕事を行う場合、ベンダーからシステムを使う人とコミュニケーションをとる事が非常に多くなります。
システムを使う人から、ヒアリングをしてそのような効率の良いシステムを構築するかを聞き出す必要があります。
聞き出し、資料を作成し、ベンダーに話して、良いシステムを構築していきます。
良いシステムを作るには、プログラムを知るよりも、上手にコミュニケーションをとる事が大事になります。

・PCの画面を見続けても疲れない人
社内SEの仕事ですので、PCのモニターを見続ける事がほとんどです。
PCの仕事をしているので、当然と言えば当然になります。
PCのモニターを見続けるのが苦手な人はやめた方がよいです。

・プログラムを組むことができる人
大学などで、プログラムの勉強をしていた人は、社内SEの仕事に向いています。
自分でプログラムを作ったり、修正する事ができれば、仕事のより一層の効率化を果たすことができます。

社内SEの仕事に向いていない人の特徴

社内SEの仕事は、人とコミュニケーションをとる事が多くなります。
人と話すことが苦手な人は、社内SEの仕事に向いていないと考えます。

・コミュニケーションがうまく取れない人
冒頭にも記述しましたが、コミュニケーションがとるのが苦手な人は、社内SEの仕事に向いていないと考えます。
ユーザーと会話をする事が多くまた、ベンダーとも話すことが多い仕事になります。
よってコミュニケーションをとる事が苦手な人は、社内SEの仕事に向いていないと言えます。

・多岐に渡る仕事ができない人
社内SEの仕事は、システムの開発・運用だけの仕事だけではなく、問い合わせ対応や、社内ネットワークの管理など多岐に渡る仕事を知っていないと務まらない仕事です。
一つの仕事に集中して取り組みたいと考えている人は、社内SEの仕事に向いていないです。

・PCを触るのが嫌いな人
当然の事ですが、社内SEの仕事はPCを触る事がメインの仕事になります。
PCを触っての仕事が苦手な人は、社内SEの仕事にむいていないと思いますのでやめた方がよいです。

社内SEに求められる能力・必要なスキル

社内SEの仕事は、システムのプログラムだけできればよいという仕事ではありません。
幅広いスキルが必要になるのが社内SEの仕事です。
ここではその事についてまとめます。

・まとめていくスキル
社内SEの仕事は、社内外問わず、色々な人とコミュニケーションをとる必要があります。
コミュニケーションをとりながら、どのようなシステムが一番良いのか常に考えながらまとめていく必要があります。
まとめていくスキルがある人が社内SEの仕事として必要です。

・ネットワークのスキル
社内SEの仕事は、システム等を知っていいわけではなく、情報のやり取りをするネットワークの事を知っている事が当然有利になります。
プログラムを構築しても、ネットワークがないと何も仕事ができないからです。
ネットワークスキルも当然求められます。

・社内のシステムを知っているスキル
社内SEの仕事の為、当然あらゆる自分の会社内のシステムを理解している人が有利な仕事になります。
会社内のシステムの事を理解していれば、何かあった時にすぐに対応でき相手に信頼感を得る事ができる為、社内のシステムを知っている人が有利になります。

社内SEの仕事はこんな人におすすめ

社内SEの仕事は、何度も書いていますが、コミュニケーションをとる事が非常に大事になるお仕事になります。

・人と話すことが好きな人
人と話すことが好きな人は、社内SEの仕事に非常に向いています。
人から色々な情報を得て、より一層のシステムの改善などを行う事ができます。
人と話すことが好きな人は向いています。

・PCを触る事が好きな人。
大学時代などで、PCでプログラミングを行ったりして、楽しくプログラミングした人は、社内SEの仕事に向いていると感じます。
当然社内SEの仕事はPC業務が中心になりますので向いていると言えます。

まとめ

私は、社内SEの仕事に向いている人は、一番はコミュニケーションをとる事ができる人だと感じています。
PCが好きで、コミュニケーションをとる事が好きな人は、是非社内SEの仕事を検討して下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました